独身から脱出したいならサンマリエに行こう

長く続くための秘訣

男女

離れていても想い合う関係

障害のある恋愛としてよく聞くのが、遠距離恋愛です。もともと別々の場所に住んでいて、何かのきっかけで出会った人もいれば、本来同じ場所で付き合っていたのが理由合って離れてしまったという人もいます。中には国境をまたいで日本と海外で遠距離恋愛という人の話も聞きます。物理的に離れていることの最大の問題が、会いたい時に会えないということです。相手が今どんな状況か、不安になることもあるでしょう。しかし、逆に、会えない時間が想いを強くするということもあるのです。人間は、常に傍にある物には刺激を感じなくなるものです。遠距離恋愛でなかなか会えない相手に久しぶりに会えた時は、新鮮な刺激があります。会えるのが当たり前のことではないので、会えること自体に特別な幸福感もプラスされます。会えるだけでもこんなに嬉しいのだから、大切にしたいという気持ちが働きます。このサイクルを保てれば、マンネリ化とも無縁と言えるでしょう。もちろん、離れている間に気持ちが冷めたり離れたりしないように、努力することも大切です。離れているからこそ、相手は今どうしているか思いやる気持ちを持つことが、一緒にいられる場合よりも重要になるのです。もちろん、こうした状態を維持するのは簡単ではありません。普通の恋愛に比べ、遠距離恋愛の方がハードルが高いのは事実です。しかし、離れていてもお互いを思いやり、尊重できる関係を築ける相手であれば、結婚相手として理想的です。遠距離恋愛を実らせることができれば、生涯のパートナーが手に入ると言えるでしょう。